ココロやわらかフォーラム~自立援助ホームシーズ南平岸~


10月29日(土)<にじ色こども食堂>主催

ココロやわらかフォーラム~こどもたちの今~

お二人目のご登壇者の紹介です。

【講演登壇者紹介プロフィール2】

特定非営利活動法人can自立援助ホームシーズ南平岸
~施設長 屋代通子さん~

<自立援助ホーム>
皆さんはご存知ですか?

一般的に自立援助ホームとは対象が15~20歳の児童養護施設出身の子や家庭養育に恵まれない環境下で過ごす子どもたちが暮らし、そこから職場や学校に通い、準備金をためて自立を目指していく場所です。

6人の子供たちがそれぞれ個室を持ち、みんなが集えるリビングがあります。

社会的養護になった子ども達が大規模な施設での養護ではなく、家庭に近い環境で過ごせる自立援助ホーム。

以前、お話を伺いに行ったときに温かく迎えてくれた屋代さんとスタッフの方々のお話の中に出てきた「なんとか生き残ってきた子たち」との表現に子供達がどんな状況下で過ごし<シーズ>さんに辿り着いたのかを思い、胸を締め付けられました。

是非、屋代さんを通じて子ども達に寄り添い続ける職員の方々と子ども達の声を聴きにいらしてください。

安田

10月29日(土)15:00~15:30

NPO法人can自立援助ホームシーズ南平岸~屋代通子さん~

2004年、子ども自立支援グループCANの発足に参加。

2009年、特定非営利活動法人CANの設立とともに、理事、事務局長に就任。

2013年より自立援助ホームシーズ南平岸施設長を兼任。2016-02-09-17-02-30

多くの問題を抱え、心に傷を持つ子ども達が安心できる清潔な場所で手作りの食事をし、当たり前の生活を送れるようにサポートする。相談支援・就労支援なども取り入れ、子ども達がホームを旅立つ20歳までに自立に向けての足がかりを作っていけるよう子ども達に寄り添い続けています。
特定非営利活動法人CAN自立援助ホーム南平岸シーズ

チケットのお申し込みはこちら

予約枚数とご連絡先を入れお申し込みください。

予約された方は当日、受付の<予約ブース>にて1000円をお支払いの上、チケットをお受け取りください。

お問合せ