こども支援企画<おすそ分け事業>


本日(1/11)は、にじ色こども食堂開催日です♪

メニューは

ピラフ・豆とニラとグルテンの餃子・野菜サラダ

コーンスープ・セロリの漬物

株式会社クロックワーク さま
http://www.clock-work.net/

株式会社Aslan 加藤渚さん

のご協力により、大量の野菜の提供がありましたので

野菜が盛りだくさんメニューです。

 

ご報告です。

昨年末に初めて実施した<にじ色こども食堂>による

こども支援企画<みんなで分けよう>

は、学校を通して12世帯の方から申請が届きました。

この取り組みは<山梨フードバンク>の活動をモデルに

させていただきました。

札幌市内で就学援助認定を受けている子ども達は

小学校 14742人  +  中学校 8358人  =23100人

(平成27年3月末時点)

います。

就学援助とは小学校・中学校に通学するうえで経済的な助けが必要な方に

対して学用品費・修学旅行費・給食費などを援助する制度です。

 

その対象のご家庭に対しての働きかけは、私達、市民団体だけでは不可能です。

そこで今回、小学校の校長先生にご協力を得て、教育委員会の協議に

かけていただき、にじ色こども食堂こども支援企画<みんなで分けよう>

が実現しました。

 

白米4キロ・じゃがいも・玉ねぎ・カットかぼちゃ

レトルト炊き込みご飯・りんご・みかん・おやつ

2016-12-27-01-35-31

3人のスタッフで配達をし、そこで子ども達の笑顔に触れ

親たちと少しだけ話し、とても幸せな時間を過ごすことが

出来ました。

☆にじ色こども食堂をサポートしてくれる人たちの気持ちを生かしていくこと

☆子ども達の笑顔を増やしていくこと

☆子ども達を見守るコミュニティーを構築していくこと

そして、

☆カタチのない所に支援のカタチをつくっていくこと

が、<にじ色こども食堂>として、していきたいことなのかもしれません。

 

ある働くお母さんが言いました。

「にじ色こども食堂に子どもだけでもご飯を食べに来させてください。

帰りはちゃんと見送りますよ(^^)」

と言う私に

「夜ご飯だけは多少大変でも家族での食事時間を大切にしているんです」

 

その言葉にどれだけ心が温まったことか。

 

私達の活動は決して一方的ではなく、双方にとって

多くを得るものだと常日頃から思っています。

 

この事業はスタッフ不足、食材不足で毎回はできませんが

学校の長期休みに入る前にはしていきたいと思っています。

そして、今は1校との協力体制ですが、札幌市内にこの活動が

広まることを願って、私達は継続をしていくつもりです。

 

ご家庭に備蓄されている食品等を<にじ色こども食堂>に

お分けください。よろしくお願いいたします。

安田

お問合せ