学習スペース&ディナー~6月6日~


「初めてのバイト料で買ってきました」

4月に高校に進学し、アルバイトを始めた彼が差し入れを

持ってきてくれました。

 

初めて会ったのが昨年8月。

今でも鮮明に覚えています。

その時は笑顔が少なくて、でも<にじ色>にはいつも来て

お手伝いをしてくれた子。

 

たくさん心配もしたけど、たくさん喜びをもらったし、

たくさん教えてもらったこともあるし、たくさん学ばせてもらった子。

心底、嬉しい美味しいアイスとポテチでした☆

ありがとね(^^)v

 

この日の中学生限定の<学習スペース>は中学2年生の

宿泊研修があり、寂しくなると思いきや、3人の男子高校生が参加。

中学生2人・高校生3人・大人3人の食卓。

 

子どもたちに人気者のフランス料理の男性シェフ中野さん、<コロコロはぁと茶屋>

こども食堂代表のはるみさんも学習スペースの調理スタッフとなって参加してくれています。

「おかえり」

「ただいま」

手作りの食事が並ぶ食卓をお父さん、お母さん、子どもたちが

囲み、その日あった出来事、他愛もない出来事を語り合い、食後は

子どもたちは自分の部屋へ行って、お勉強…そんな家庭的なイメージを

大切にしたいと、<学習スペース>は開設されました。

 

<学習スペース>は少人数ということもあり、沢山の深い話をします。

今回は高校生と語り合い、その思考の深さと純真さに

大人達は驚かされました。

 

<障がいを抱える人たちのこと>

<自分の将来のこと>

<理想の大人像のこと>

 

考え方に正解も不正解もなく、子供も大人も互いの考えに

耳を傾け、価値観を共有していく時間。

机に向かう勉強だけじゃなく、ここには大人も、子どもも

心を養える要素がたっぷりあります。

 

中学生は別室で英語と数学の勉強中。

高校生になったら、語り合おうね(笑)

6月6日はこんな光景が繰り広げられていました(^^)

 

 

<にじ色学習スペース>は来月から変わりそうです。

「子どもたちに自分でもできるという達成感を感じてもらえるように…」

と、本格的に学習支援を企画・担当してくださる温かな男性医師の方が加わって

くれます。

詳しいご紹介は後日☆

 

これからも1人1人の子どもたちが多くの大人に見守られる居場所を

大切にしていきます☆

 

<新規ファンドサポーターの皆様>

藻岩ライオンズクラブさま

北海道女性医師会さま

<5月フードサポータの皆様>

共働学舎新得農場さま

農場たつかーむさま

一般社団法人アグリコラさま

横山製粉さま

JA峰延さま

画家Cさま

 

多くの個人サポーターの皆様を含め、いつも温かく見守ってくださり

ありがとうございます。

安田

 

6月予定

6月14日(水)・27日(火) にじ色こども食堂

6月20日(火)にじ色フリースペース

6月28日(水)にじ色学び舎<児童虐待の現状と対応について>

参加者募集中!!

6月28日(水)出張学び舎 ~児童養護施設 柏葉荘~