学習スペース~2017/09/05 & 9月スケジュール


制服姿、部活のジャージ姿、私服の子供達が

17時から1人、また1人と、集まりだします。

「おかえり~」

鍋がコトコトと鳴り、スープの香りが立ちこめ、

テーブルでは長ネギをトントントンと刻む音。

子供達は来るなり、スタッフはるみさんとCちゃんが料理する傍らで

勉強するかと思いきや漫画に夢中です(笑)

高校生はバイト帰りに差し入れをもって、久々にご飯を食べに来ました。

そんなほのぼのとした光景が繰り広げられる

<にじ色学習スペース>です。

 

以前、スタッフが目を離すと漫画を読み、仲間と遊びだす子供達に

「勉強をしないなら来なくてもいい!」と

身勝手に言ったこともあります。

 

その時、私たち自身が学習支援をどのように進めていけばいいのかが

わからなかったのに、子供達に「自らしっかりとしなさい!」と

押し付けてしまったのです。

 

にじ色の色を大切にした学習スペースは何なのだろうと、

スタッフで考え、話し合った時がありました。

 

そして、今があります。

 

ここは学校でもない

塾でもない

家庭でもない

 

そんな居場所で私たちにできることは見守ることなのだと

思っています。

 

勉強しよう!

苦手教科を克服しよう!

あの高校に行きたい!

こんな職業に就きたい!

あんな人になりたい!

 

子供達が「したい」の気持ちを表した時に私たちは

全力でその気持ちを実現できるようにサポートを

していきたいと思っています。

 

子供達自らが自分のこれからの事を考えるきっかけとなる時間を

この<学習スペース>で過ごしてほしいと願っています。

それがこの場所なのです。

 

この日の夕食は、学習支援大学生サポーターヒカルちゃん、

青森出身の社会人たっちゃんとスタッフ3人、子供達4人

(みんなが食べ終わってから高校生参加)で方言の勉強をしながら、

大笑いしながら食べました。

 

以前とは違い、子供達は自らの意志で勉強部屋に入り、勉強する光景も

増えてきました。

 

大学生のヒカルちゃんが言った

「学習はどんな状況や環境でするかも大切。

見守る人がいるのは強みになる」-。

 

この日はヒカルちゃんやたっちゃんが友人と話すように

子ども達に寄り添い、勉強を教えてくれました。

 

たまにチェックしに行くと漫画を読んでいることもありますが

「ちっ!」

と、私の舌打ちで漫画を片付ける姿がかわいいのです(笑)

 

ホワイトボードに書かれたほしいもの。

数学中1、歴史・英語中3

次までに用意しておこう。

そして、受験生のために<学習スペース>を増やす予定です☆

安田

 

9月スケジュール

13日・26日 にじ色こども食堂

12日 チャリティーイベント『トルコキキョウを楽しむ~おとなの花あそび~』by外部講師あらまこと先生

19日 にじ色フリースペース