にじ食2周年&クリスマスパーティー


昨日のにじ食は会場を変えて月寒公民館で開催しました。

にじ食のスペシャル企画で
「北海道米と道産牛肉でスープカレーパーティー」
らっきょの井出さんが子ども達にスープカレー教室を開いて下さいました。

初めてのスープカレー作り!
井出さんから料理の説明を真剣に聞いていた子ども達。

カレーの材料に使うスパイスには、
ローリエ、クミン、グローブなどがあり
実際にローリエを手に取り、香りを嗅いでみる子ども達。
半分に割って嗅いでみると、香りが強くなり
「この香り知ってる~」「歯みがき粉の匂いがする~」
と言っていた子もいました。

本格的に料理がスタートして、調理スタッフさんに
サポートされながら玉ねぎを炒めたり、野菜を切ったり
みんな真剣に集中しながら、最後まで頑張っていました。

いよいよスープカレーが完成!
クリスマスバージョンでカッテージチーズ(雪)を添えて。

次は、
「にじ食2周年&クリスマスパーティー」
別会場に移動して、スープカレーの仕上げまでみんな
待っています。

その間、「いのちのお話」を聴きました。

牛のこと、お肉のこと、「食」とは感謝を頂くということ・・・

今日、自分達が作ったスープカレーを、
にじ食のボランティア調理スタッフの方々に食べてもらう

今回の企画は、その気持ちも込めて
JA北海道中央会・北海道産牛肉消費拡大強化実行委員会さんが主催
となり、JAみねのぶさんが協力して下さいました。

子ども達は、心を込めて美味しいスープカレーを作ってくれました。

スープカレーの準備が整い、盛り付けも運ぶのも
自分達で。

そしてリンゴジュースシャンパンでみんなでカンパーイ!
みんなでいただきまーす!

にじ食の子ども達、にじ食スタッフ、調理隊
スープカレーの井出さん、スタッフさん
60名近い人数で美味しいスープカレーをみんなで
楽しくお喋りしながらいただきました。

自分達で炒めた玉ねぎ、自分達で切った野菜、
煮込んだスープで出来上がったスープカレー。

美味しくて
おかわりした子もいっぱい。

食後の後は、クリスマスケーキをいただきながら
シンガーソンガーのリエコさんとクリスマスソング、
「サンタが街にやってくる」と「手のひらを太陽に」
をみんなで唄い、
3曲目はリエコさんのソロで「千の夢(作詞作曲リエコさん)」を
歌っていただき、透き通る癒しの声にみんな癒されました。

リエコさんは、去年もにじ食一周年クリスマスパーティーに
来て下さり、子ども達と一緒に歌を唄って下さいました。

そして、リエコさんの歌の後・・・
ソリに乗ったサンタクロースがやって来て(本当は台車)
子ども達にプレゼントを配ってくれて

みんな嬉しそうな笑顔。

クリスマスパーティーの後半にはビンゴ大会があり
豪華商品に大興奮で子ども達だけじゃなく大人もみんな
楽しみました。

大盛り上がり!

みんなが笑顔に溢れていて
美味しくて、楽しくて、温かいヒトトキを過ごせました。

みんなでスープカレーをいただいた後、
子ども達は、いつも美味しいごはんを作ってくれている
にじ食調理スタッフに感謝の気持ちを伝えました。

「せーの」←誰かのかけ声

「いつも美味しいごはんを作ってくれてありがとうございます
これからもよろしくお願いいたします」

ちょっと照れくさそうに、可愛かったです。

こんなに楽しくて盛り上がった
にじ食2周年&クリスマスパーティーに出来たのは、
JA北海道中央会・北海道産牛肉消費拡大強化実行委員会さん
JAみねのぶさん、企画を立ててくれた(株)ブレナイ社さんのお陰です。

そして遠いところから駆けつけてくれた
シンガーソンガーのリエコさん

たかくんサンタさん

感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。

イス取りゲームは時間がなくて出来なくて残念だったけど
また次回に(笑)

企画 かよ

今回のパーティに合わせて、沢山の寄付をありがとうございました。

皆さんの温かな気持ちと共に3年目を沢山の笑顔に包まれる場所にしていきたいと思います。